作家インタビュー

坂田晃一 プロフィール

1942年、東京生まれ。東京芸術大学(チェロ専攻)を経て、作曲を山本直純氏に作曲と指揮を師事、あらゆるジャンルの作曲について徹底的な訓練を受ける。

1965年、箏奏者の野坂恵子さんから委嘱された「箏と室内オーケストラのための小協奏曲」を作曲。上野文化会館小ホールで行われた「野坂恵子リサイタル」において、自身の指揮で初演、作曲家デビューを果たす。

1965年よりテレビドラマ、映画、レコード、舞台、CM等、幅広い作曲活動を展開、その叙情的且つロマンティシズム溢れる曲調と斬新な手法が注目を集める。1971年には初のレコード作品「さよならをするために」が4週連続でヒット・チャート1位を記録する。テレビドラマでは、数々のヒット作品や注目作品を手がける。

1984年から編曲家としても、由紀さおり・安田祥子姉妹のCD、コンサートの編曲にその手腕を発揮し、サウンド・プロデューサーとして姉妹の音楽世界を作り上げることにも貢献している。

90年代から、TEPCOホーム・コンサート(東京フィルハーモニー)、日生劇場・音楽ドラマ「シューベルト」(神奈川フィルハーモニー)、由紀・安田姉妹の「2000回記念コンサート」(NIPPON SYMPHONY)等で、音楽監督として指揮活動も行っている。

1993年から2001年まで、八ヶ岳南麓のリゾートホテル「リゾナーレ小淵沢」(開発時からオープン3年目まで代表取締役を務める)で開催された「リゾナーレ音楽祭」のプロデューサーを務めた。

2000年4月より、尚美学園大学 芸術情報学部 音楽表現学科 作曲コース主任教授、並びに2006年より同大学院教授、2008年より研究科長、2010年より学科長、2013年4月から尚美総合芸術センター長。2016年3月、尚美学園大学を退職、同大学名誉教授。

2016年より、「ワルツ~カミーユ・クローデルに捧ぐ」の公演に音楽監督として参加、主題歌・挿入歌を作曲、公演ではチェロも弾いている。

主な作品

■主題歌
「もしもピアノが弾けたなら」(西田敏行/1981『池中玄太80キロ』)、「さよならをするために」(ビリーバンバン/1972『3丁目4番地』)、「さよならの夏~コクリコ坂から~」(手嶌 葵/2011 スタジオジブリ『コクリコ坂から』)、ほか多数

■挿入歌
「鳥の歌」(杉田かおる/1981『池中玄太80キロ』)、他、多数

■NHK大河ドラマ
『おんな太閤記』(1981)、『いのち』(1986)、『春日局』(1989)

■NHKドラマ
朝の連続テレビ小説『雲のじゅうたん』(1976)、『おしん』(1983)、『チョっちゃん』(1987)、銀河テレビ小説『わらの女』(1977)他多数
金曜時代劇『茂七の事件簿 ふしぎ草紙』(2001〜2004/3シリーズ)、ほか多数

■民放テレビドラマ
日本テレビ系『3丁目4番地』(1972)、『池中玄太80キロ』(1980〜1989/3シリーズ)
テレビ朝日系『家政婦は見た!』(1983〜2008/『土曜ワイド劇場』内全26作+TVシリーズ)、『松本清張作家活動40年記念 霧の旗』(1991/『土曜ワイド劇場』内)、『菊次郎とさき』(2001〜2007/スペシャル1作品+3シリーズ)、『松本清張 点と線』(2007/スペシャル2夜連続放送)
フジテレビ系『松本清張スペシャル 霧の旗』(1997)、ほか多数

■アニメーション
『母をたずねて三千里』(1976/フジテレビ系)、『南の虹のルーシー』(1982/フジテレビ系)、『青春アニメ全集』(1986/日本テレビ系)、他

■映画
「無頼」シリーズ(1968/日活/4作目『無頼 人斬り五郎』から担当)、『ハナ肇の一発大冒険』(1968/松竹)、東映『日本一短い「母」への手紙』(1995/東映)、『佐賀のがばいばあちゃん』(2006/映画「佐賀のがばいばあちゃん」製作委員会)ほか多数

■コンサートプロデュース
「リゾナーレ高原音楽祭」、ほか多数

■純音楽作品
合唱組曲「賢治の風景」ほか

PageTop